PAK KRETのミシェラン★獲得タイ料理レストラン~Suan Thip~(犬もテラス席のみOK)

今回は、バンコクの北隣に位置するノンタブリー県「パークレット:PAK KRT」エリアにある、ミシェランで3年連続★星を獲得しているタイ伝承料理レストランを紹介したいと思います。

「スアンティップ:Suan Thip」という名のレストランは、広大な敷地にある超高級感が溢れる実力派タイ料理レストランなんですが、なんと!!テラス席であれば、犬ちゃん同伴でもOKなんです!!

バンコクの中心部からはかなり距離があるので、車がないと行けませんが、アヌンサワリーのイミグレーションからは20分ほどで行けるので、私はビザの更新時に昼食を摂るために立ち寄りました。

ただ、あまりにも居心地が良くて、料理も抜群に美味しかったのに、ビザの手続きの関係で1時間ほどしか滞在できなかったのがとても残念でした。

今度はゆっくりと、タイ伝承料理 ( アーハン・タムナーン・タイ อาหารตำนานไทย )を楽しみに行きたいと思います。

また、ノンタブリー県パークレットは、クレット島が有名ですが、このスアンティップからは船でクレット島まで行くツアー等もあるそうです。でもコロナ禍の今は再開のメドはまだない・・・とのことでした。

スアンティップ の場所

スアンティップは、地図の②の場所になります。

MRTのパープルラインを使って、Yaek Nonthaburi 1駅で降車、その後タクシーで30分あまりで行けますが、これは、なかなかハードルの高い交通手段だと思います。

さらに、バンコクからはチャオプラヤー川を走る船でも行けるようですが、時間的に車の倍はかかるようです。

車で行く場合は、Sukhaprachasan2 という街のメイン道路から Sukhaprachasan2 Soi25 というソイを少し入って行った突き当りにスアンティップがあります。

駐車場はソイを挟んだ向かい側に駐車場がありますよ。

お庭は犬禁止なので歩かせないでくださいね

車から降りると「あれっ? どこにレストランがあるの?」と思います。

沿いを挟んだグリーンの中に看板がありました。赤い矢印に沿って進んでください。

ただし・・・・お庭は庭師さんにより、すごくきれいに手入れされているので、犬ちゃんを歩かせることはできません。

犬ちゃんはバックに入れて席まで連れて行きましょう。

さくらちゃんは、カバンの中が大好きなので、こういう時は本当に静かにしてくれるので助かります。

レストランまでは、綺麗に手入れされたお庭の中の小道を、少し歩きます。

途中、こんなかわいい橋が架かっていました。橋を渡ったらずっとお庭が続いてそうでしたが、この日は時間がなかったので探検はできずでした。

橋と同じ色の薄緑の可愛いベンチもありました。

3年連続ミシェランの1つ星獲得レストラン

小道を抜けると、平屋建てのタイ風造りの建物が現れました。

庭師さんがせっせとお掃除していたのと。入口に飾られていた3年連続のミシェラン★獲得の印を見て、絶対に犬はだめだろうな~と思っていましたが、出迎えてくださったスタッフに尋ねたら、テラス席なら犬が一緒でもOKですよと言ってくださいました。

2019年から2021年まで3年連続でミシェランの★1つを獲得されています!!

本当に手入れが行き届いた綺麗なお庭です。

受付のエントランスは、風通しの良い平屋造りで、クーラーが設置された食事エリアも併設されていました。

でも、よほど暑くない限り、断然テラス席で食事するほうがいいですよね~

綺麗なお庭を抜けると・・犬OKのチャオプラヤー川沿いのテラス席

テラス席に案内される前に、スタッフのお兄さんから、「テーブルまで遠いので、先にトイレにいっておいた方がいいですよ」と言われました。

その言葉の通り、ここからも綺麗に整備されたお庭の中を歩いて行きます。

お庭の中には、パビリオンが何棟か建っています

池も渡りました

池を渡ったところに、とても雰囲気のあるパビリオンが1棟現れたので、ここかな?と思いましたが、さらに奥に案内されました。

パビリオンでの食事は、犬同伴ではダメみたいです。

目の前に、チャオプラヤー川が見えてきました。

そして、私達が案内されたのは、店の一番奥に位置するチャオプラヤー川の、このテラス席でした。

スアンティップの料理紹介食事

今回は1時間ほどしか時間がなかったので、グリーンカレーとマッサマンカレーのみ注文しました。

食器はすべてセラドン焼で、盛り付けもとても素敵です。

なんとも上品なお味です。こんな上品な味のグリーンカレーは食べたことがありません!!

マッサマンも、上品なお味で言葉が出ないくらい美味しかったです!!

スタッフのお兄さんの説明では、タイの宮廷料理の影響を受けているため、とてもお味が上品だということです。

さくらちゃんも、やっとカバンから出してもらって大喜びでした。

テーブル席までの移動時間だけでも5分位かかっているので、時間のない私達は、たった2品しかたべることができず、なんとももったいないことをしてしまった気分でした。

どんな料理があるのか知りたい方には、メニューの一部を載せておきますので参考にしてくださいね。

あと、私が訪れた時は、コロナ禍で人が少なかったため、テラス席なら犬もOKでしたが、今後、コロナ禍が終息し、人が戻ってきたら断られるかもしれないので、その点はご了承くださいね。

まずは、行く前に電話で確認されるのがベストかと思います。

スアンティップの基本情報

基本情報
店名     スアンティップ Suanthi
住所     11120 Nonthaburi Changwattana Pak Kret 3 Road (Soi Wat Koo)
営業時間   1:00-20:30 (ラストオーダー20:30)
場所     Google地図
定休日    なし 
電話      02-583-3748
WEBサイト  https://www.suanthip.com/
 

その他の犬と行けるカフェ&レストラン情報

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pocket
Pocket

その他のおすすめ記事

サイト運営者情報

元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種の整体師&セラピスト(大阪出身奈良県在住、現在バンコク在住)、バンコクで理学療法スパを経営するかたわら、暇を見つけては小旅行に行ってます。旅やグルメの情報の他、タイが原産地の抗糖化植物黒ガリンガルやタイハーブ、タイで認可が認められたCBDオイル等、美や健康に関する様々な情報を発信しております。

タイランドの旅

ミャンマーの旅

laos

ラオスの旅(準備中)

cambodia

カンボジアの旅(準備中)

malaysia

マレーシアの旅(準備中)

シンガポールの旅

vietnam-89

ベトナムの旅(準備中)

旅(アジア諸国の観光情報)