バガン仏教芸術の傑作グービャウッヂー寺院 ミャンマー❤バガン

今回ご紹介するのは、ミインカバー村の中でも、とても芸術性の高い寺院であるグービャウッヂー寺院です。

同じ名前の寺院が、ニャウンウーにもありますよ。

グービャウッヂー寺院の場所

マヌーハ寺院から車で5分の場所にあります。オールドバガン寄りになりますよ。

Google地図では、①の場所になります。

グービャウッヂー寺院の外観

グービャウッヂー寺院は、チャンスイッター王の息子が亡き父を弔うために建設した寺院です。

重厚なシカラ(高塔)を抱く祠堂と拝殿から成る単層形の寺院です。

すぐ、お隣にはミャーセディパゴタがありますが、地震のため修復中でした。

お寺の前には、屋台の民芸品屋さんが数件並んでいます

グービャウッヂー寺院の内部

内部はバガン随一の壁画で埋め尽くされており、仏電図やジャータカのほか、シヴァ神と見られる14本の手を持つ神像など、ここでしか見られない図像も多数あります。

残念ながら、壁画は撮影謹慎なのでご紹介できません。

隣接しているミャーゼディには、建設の記録を4言語で木下貴重な碑文が残っていました

グービャウッヂー寺院の基本情報

基本情報
名称     グービャウッヂー寺院
英名     Gubyaukgyi Temple
拝観時間   午前8時から午後6時まで 
場所     マヌーハ寺院から車で5分 Google地図
定休日    なし  
創建年    1113年
創建者    ラジャックマール(チャンスイッター王子)
見学所要時間 30分   
必見度    ★★★
 
 
 
ミインカバー村村の完全ガイドはこちらから
 

バガン エリア別完全ガイドはこちらから

 
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pocket
Pocket

その他のおすすめ記事

サイト運営者情報

「バンコクリンパマッサージ&理学整体スパ RENE」店長 Toyo

元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種の整体師&セラピスト(大阪出身奈良県在住、現在バンコク在住)、バンコクで理学療法スパを経営するかたわら、暇を見つけては小旅行に行ってます。旅やグルメの情報の他、タイが原産地の抗糖化植物黒ガリンガルやタイハーブ、タイで認可が認められたCBDオイル等、美や健康に関する様々な情報を発信しております。

タイランドの旅

ミャンマーの旅

laos

ラオスの旅(準備中)

cambodia

カンボジアの旅(準備中)

malaysia

マレーシアの旅(準備中)

シンガポールの旅

vietnam-89

ベトナムの旅(準備中)

旅(アジア諸国の観光情報)

グルメ

お買いもの

美容と健康