窮屈そうな仏像が鎮座するマヌーハ寺院 ミャンマー ❤ バガン 

ミンカバー村の中で、一番有名なお寺が、マヌーハ寺院になります。

このお寺には、とても窮屈そうに座られている大仏様がいらっしゃいます。
今回は、マヌーハ寺院を紹介したいと思います。

マヌーハ寺院の場所

マヌーハ寺院は、ミインカバー村のメイン道路沿いにあります。寺院の前には観光バスなども止まっており、とても人が多いのですぐにわかると思います。

Google地図では、②の場所になります。

囚われの王の悲哀を感じるマヌーハ寺院

マヌーハ寺院は、バガン朝に敗れて捕虜として連行されたタトゥン国(モン族)のマヌーハ王が年に1059年に建設、1067年に寄進した寺院だそうです。

外観は2層の方形寺院であり、平面的であまり装飾がありません。

堂内の様子

堂内には、東側に3体の仏坐像、裏側に1体の涅槃像が安置されており、それぞれの仏像の大きさに対して空間が以上に狭いです。

これは、囚われの身となった王の心情を表しているのだそうです。

狭い空間に置かれた仏坐像

ほんとうに狭い空間に黄金の仏様座っておられました。

その窮屈さは、捕虜として幽閉されたマヌーハ王が自身の憂いを投影していると言われていますが、この仏さまを見ていると、王様の悲しさがひしひしと伝わってくるようで、なぜかとても悲しくなりました。

堂内が狭いので、写真も全形を撮影するのはすごく難しいです。

高さは14メートルあるそうです。

寝返りも打てない涅槃仏様

仏坐像の裏に回ると、もっと窮屈な空間に涅槃仏様がおられました。

下の図のような配置になります。

狭い空間に身を縮めるように横たわっておられます。

なぜか、お顔がとても悲しげに見えました

その他、境内には虚ろな表情のマヌーハ王とお妃さまの像もありました。

マヌーハ寺院の基本情報

基本情報
名称     マヌーハ寺院
英名     Manuha Temple
拝観時間   午前8時から午後6時まで 
場所     タラバー門から車で10分 Google地図
定休日    なし  
創建年    1059年
創建者    マヌーハ王(モン族)
見学所要時間 30分   
必見度    ★★★
 
 
 
ミインカバー村村の完全ガイドはこちらから
 

バガン エリア別完全ガイドはこちらから

 
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pocket
Pocket

その他のおすすめ記事

サイト運営者情報

「バンコクリンパマッサージ&理学整体スパ RENE」店長 Toyo

元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種の整体師&セラピスト(大阪出身奈良県在住、現在バンコク在住)、バンコクで理学療法スパを経営するかたわら、暇を見つけては小旅行に行ってます。旅やグルメの情報の他、タイが原産地の抗糖化植物黒ガリンガルやタイハーブ、タイで認可が認められたCBDオイル等、美や健康に関する様々な情報を発信しております。

タイランドの旅

ミャンマーの旅

laos

ラオスの旅(準備中)

cambodia

カンボジアの旅(準備中)

malaysia

マレーシアの旅(準備中)

シンガポールの旅

vietnam-89

ベトナムの旅(準備中)

旅(アジア諸国の観光情報)

グルメ

お買いもの

美容と健康