ナッタウ僧院(華やかな壁画が残る僧院)ミャンマー ❤ バガン

チャンスイッター僧院の横には、現在も数名のお坊さん達が暮らしておられるナッタウ僧院があります。

華やかな壁画が残っているので、紹介したいと思います。

ナッタウ僧院の場所

Google地図では、②の場所になります。

入口は、東側の道路側にあります。ミャンマーらしい特徴的な門があります。

行きな建築物の仏典を治めた書庫

現在も数名の僧侶が出家生活を営む、とても小さなこの僧院の南の一角には、かつて仏典を治めた書庫が残されています。

内部は拝観可能なので、登って中に入ってくださいね。

みごとな壁画が残されていますよ!!

ただし・・・残念なことに、2016年8月に起こった地震で建物の一部が崩れたようで、茶色い部分は修繕されていました。

なかなか素敵な建物なのですが、修繕部分はレンガになっているのが、まことに残念です。

書庫の内部の壁に描かれた美しい壁画

堂内には、チーク材で作られたオリジナルの仏像が残っており、赤や緑の彩色が鮮やかな壁画も残っています。

フラスコ画は、バガン滅亡後の15世紀頃に描かれたと推測されているそうです。

朱色がメインの壁画であり、とても鮮やかです。

軍隊や宮殿の様子などが描かれています

こんなにお顔がはっきりと残っているのも珍しいです。

でも、やはり修繕部分の壁画はなくなっていました。崩れ落ちちゃったんでしょうね~。もったいないです。

壁画は、バガン滅亡後の15世紀頃に描かれたとされています。

はやり、ここにもワンちゃんがいました。とても人懐っこい子でした。

この子はお寺の飼い犬だそうで、ふさふさ、丸々していてお顔が人間みたいでした。

私達が拝観したときは、鍵が開いていましたが、閉まっている時はお坊さんに声をかければ開けてくれるそうですよ〰

 

ナッタウ僧院の基本情報

基本情報
名称     ナッタウ僧院
英名     Nattaw Kyoung
拝観時間   午前7時から午後6時まで 
場所     ニャウンウーの市から車で5分 Google地図
定休日    なし  
創建年    11~12世紀
創建者    不明
見学所要時間 15分   
必見度    ★
 
 
 
ニャウンウーの完全ガイドはこちらから
 

バガン エリア別完全ガイドはこちらから

 
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pocket
Pocket

その他のおすすめ記事

サイト運営者情報

「バンコクリンパマッサージ&理学整体スパ RENE」店長 Toyo

元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種の整体師&セラピスト(大阪出身奈良県在住、現在バンコク在住)、バンコクで理学療法スパを経営するかたわら、暇を見つけては小旅行に行ってます。旅やグルメの情報の他、タイが原産地の抗糖化植物黒ガリンガルやタイハーブ、タイで認可が認められたCBDオイル等、美や健康に関する様々な情報を発信しております。

タイランドの旅

ミャンマーの旅

laos

ラオスの旅(準備中)

cambodia

カンボジアの旅(準備中)

malaysia

マレーシアの旅(準備中)

シンガポールの旅

vietnam-89

ベトナムの旅(準備中)

旅(アジア諸国の観光情報)

グルメ

お買いもの