広大な敷地に鎮座する黄金の大仏様 ワット カンヤナミット ウォラマハーウィハーン

今回は、あまり知られていないけれど素晴らしいお寺「ワット カンヤナミット ウォラマハーウィハーン」を紹介します。

このお寺はとても美しい黄金の大仏様が有名です。とても広大な敷地を持つお寺であり、ワットアルンからは徒歩15分ほどで行けます。

ワット カンヤナミット ウォラマハーウィハーンへの行き方

グーグルの地図では⑨の位置にあります。

ワットアルンの隣にあるお寺になるので、ワットアルンを見学された方は、是非足を運んでいただきたいなと思います。ここでは、電車で行く方法と渡し舟で行く方法の2つのアクセス方法についてご紹介します。

電車で行く方法

電車で行く場合は、ワット・アルンへの行き方と同じくMRT(地下鉄)を利用します。

ワット・アルンへ行くときと同じようにイサハップ駅で下車しましょう。そして、ワットアルンとは反対の南東側に向かって歩いていきます。地図の赤線の通りに進んでください。

約17~20分ほどで到着します。

ワット・アルンを見学した後、徒歩15分ほどで行けるので足を延ばしてみてください。その場合は、下の地図の水色の点線の通りに進んでください。

私は、渡し舟で行ったので、電車で行く場合の詳しい道順をご紹介できないのですが、また、機会があれば再度、電車で訪れて皆さまにご紹介したいと思います。

渡し舟で行く場合

バクローン花市場すぐそばの船着き場「Atsadang」から渡し舟が出ています。

船着き場は、yodpiman Riverwalkというショッピングモールの一番奥の川沿いにあります。

船着き場には、黄金の大仏様のポスターが貼られていいるので、すぐに乗り場はわかると思います。

概ね9分ほどで到着しますよ。

ワット・カンラヤーナミットの広大な中国様式色が濃い境内

渡し舟で行った場合、直接お寺の境内に到着します。

お寺の敷地はかなり広大であり、とても綺麗です。そして、観光客がほとんどいなくてとても静かです。

ファランが自転車で境内を横切って行きました。サイクリングで観光めぐりをされているのでしょうね。

ワット・カンラヤーナミットがある「トンブリー地区」は、とても中国色の濃い地域になります。

本殿の前に中国様式の門のようなものがありました。サーラというそうです。

このお寺の創健者は、お寺の名前にもなっているカンラヤーナミット族の始祖で、内務大臣だったチャオプラヤー・ニコンボディンという方だそうです。

1825年、彼は家や土地を寄付し、僧侶たちが住んでいたこの村にお寺を建立しました。

このお寺をラマ3世に献上したことから、ワット・カンラヤーナミットの名前を賜り、王室寺院となりました。

ラマ3世は、小さな礼拝堂と本堂の中間(ちょうどお寺の中心になる場所)にお堂を立て、現在の本尊と大仏を作られたそうです。

黄金の大仏様

黄金の大仏様を祀る本殿は、広大な敷地のほぼ中央にあります。

本殿に入ると、柱の高いことに驚かされます。

柱の隙間から、ちらっと大仏様のお顔が見えました。

全身ピカピカの大仏様です。

とても美しいお顔をされていますね。

全身像です。とても巨大です。

タイ人の間では、大仏様という意味の「プラート」または「ランポルト」と呼ばれているそうで、バンコク最大の仏像になるそうです。

正式名は、プラプッタ・トライラッタナ・ナーヨックです。

幅11.75メートル、高さ15.46メートルあります。

この大仏様は、アユタヤのワット・パナンチューンの御本尊をまねて鋳造されたそうです。

 

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pocket
Pocket

その他のおすすめ記事

サイト運営者情報

「バンコクリンパマッサージ&理学整体スパ RENE」店長 Toyo

元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種の整体師&セラピスト(大阪出身奈良県在住、現在バンコク在住)、バンコクで理学療法スパを経営するかたわら、暇を見つけては小旅行に行ってます。旅やグルメの情報の他、タイが原産地の抗糖化植物黒ガリンガルやタイハーブ、タイで認可が認められたCBDオイル等、美や健康に関する様々な情報を発信しております。

タイランドの旅

ミャンマーの旅

laos

ラオスの旅(準備中)

cambodia

カンボジアの旅(準備中)

malaysia

マレーシアの旅(準備中)

シンガポールの旅

vietnam-89

ベトナムの旅(準備中)

旅(アジア諸国の観光情報)

グルメ

お買いもの