ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ (巨大ツリーが林立する未来パーク)

今、シンガポールと言えば、マリーナベイ・サンズとガーデンズ・バイ・ザ・ベイが人気のスポットではないでしょうか?

マリーナベイの最新スポットであるガーデンズ・バイ・ザ・ベイはとにかく巨大!!

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのシンボルは、上の写真の巨大ツリーです。

(このツリーには登れるし、夜にはライトアップされてとても綺麗です。)

未来世界にあるような、巨大ツリーやドームがあり、全容を見て回るには1日かかるおもしろスポットです。

 

とにかく巨大なガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、マリーナ港に面しています。

あの有名なホテルマリーナ・ベイの向かい側に広がっています。

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの行き方

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイとマリーナベイは連絡通路で結ばれています。

(6階のライオンズ・ブリッジからドラゴンフライブリッジに接続されています)

私はMRTを利用して行きました。

ダウンタウンラインMRTベイフロント駅で下車します。

出口Bを通って地下道路を進んでください。

出口にあるドラゴンフライブリッジかメドウ・ブリッジを渡るとガーデンズ・バイ・ザ・ベイに入ることができます。

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのメインは3つ

現在は、巨大な敷地の半分(ベイ・サウス)が公開されています。

その中でも、メインとされている建物が

1 スーパーツリー・グローブ

2 フラワー・ドーム

3 クラウド・フォレスト

の3つです。

 

 

スーパーツリー・グローブ

摩訶不思議な風景に圧倒されるガーデンズ・バイ・ザ・ベイのシンボルになります。

マリーナベイ・サンズをバックにした撮影スポットにもなっています。

夜のライトアップも幻想的で素敵です。

フラワードーム

涼しく乾燥した地中海と亜熱帯にある樹齢1000年のオリーブの木々や独特バウバウの木々などが植えられたハイテクドームです。

熱帯のシンガポールにあってドーム内は涼しく、世界各地の春を再現しています。

植物だけでなく、ハイテク技術を駆使して作られたドームそのものも見どころです。

クラウド・フォレスト

高地に咲く蘭や、涼しく湿った熱帯産地に育つ食中植物やシダ植物を見ながら35メートルの人工の山と滝の中を散策できます。

ドーム内は滝がもうもうとミスとをあげています。

宙を歩く回廊はスリル満点ですよ~

 基本情報

入場料ですが、屋外庭園やチルドレンズガーデンは無料です。

フラワードームとクラウド・フォレストは有料になっています。

2107年度の料金で 温室2か所 大人 92$、子供(3~12歳)15$ です。

屋外庭園は毎日午前5時~午前2時まで空いています。

ふぁらわードームとクラウド・フォレストは、毎日午前9時~午後9時までが開園時間ですよ~。

また、園内にはシャトルバスが走っています。

3$で当日乗り放題です。

 

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pocket
Pocket

その他のおすすめ記事

サイト運営者情報

「バンコクリンパマッサージ&理学整体スパ RENE」店長 Toyo

元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種の整体師&セラピスト(大阪出身奈良県在住、現在バンコク在住)、バンコクで理学療法スパを経営するかたわら、暇を見つけては小旅行に行ってます。旅やグルメの情報の他、タイが原産地の抗糖化植物黒ガリンガルやタイハーブ、タイで認可が認められたCBDオイル等、美や健康に関する様々な情報を発信しております。

タイランドの旅

ミャンマーの旅

laos

ラオスの旅(準備中)

cambodia

カンボジアの旅(準備中)

malaysia

マレーシアの旅(準備中)

シンガポールの旅

vietnam-89

ベトナムの旅(準備中)

旅(アジア諸国の観光情報)

グルメ

お買いもの