フラワードーム (花に満ちた常春の楽園 ガーデンズ★バイ★ザ★ベイ)

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの見どころの1つであるフラワードームは、

涼しく乾燥した地中海と亜熱帯にある樹齢1000年のオリーブの木々や独特バウバウの木々などが植えられたハイテクドームです。

熱帯のシンガポールにあってドーム内は涼しく、世界各地の春を再現しています。

フラワードームの場所

フラワードームの場所は、下の地図を参考にしてください。

また、フラワードームのあるガーデンズ・バイ・ザ・ベイへの行き方は、別ページで紹介しているので参考にしてくださいね。

 

ハイテク技術が駆使された巨大なドーム

植物だけでなく、ハイテク技術を駆使して作られたドームそのものも見どころです。

高さが45メートルあるそうです。

南アフリカ、南アメリカ、地中海といったエリアごとに世界各地の植物が展示されています。

 

とくに必須なのが、ドーム内で異彩を放つバオバブとボトルツリーです。

 

 

 

 

 

そして、私が行ったときは、日本の春も再現されていました。

桜の木が沢山植えられています。

八重の枝垂れ桜です。

どうも、これは特別展示みたいで、時期によっては薔薇だったりチューリップだったりと変わるようです。

 

 

シンガポールで桜が見れるなんて・・・嬉しいですね~

 

なんか、あまり意味の分からない像等もところどころにありました。

植物園として見るなら、それほど花の数はそれほど多くなく、三重県桑名市のなばなの里の方がだんぜん凄いな~とうのが私の感想です。

 

 

 

 

フラワードームの基本情報

入場料は、クラウド・フォレストとの2か所入場で 大人28$、子供(3~12歳)15$ です。

入場時間は、午前9時から午後9時まで

 

このフラワードームは、とにかくすごい人なので、あまりゆっくりと写真撮影ができません。

思いので一眼レフも持って行っていなかったため、それほど写真撮影はしませんでしたが、次に行くとしたら午後9時までやっているので、夜に行くのも良いかな~なんて思いました。

 

 

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pocket
Pocket

その他のおすすめ記事

サイト運営者情報

「バンコクリンパマッサージ&理学整体スパ RENE」店長 Toyo

元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種の整体師&セラピスト(大阪出身奈良県在住、現在バンコク在住)、バンコクで理学療法スパを経営するかたわら、暇を見つけては小旅行に行ってます。旅やグルメの情報の他、タイが原産地の抗糖化植物黒ガリンガルやタイハーブ、タイで認可が認められたCBDオイル等、美や健康に関する様々な情報を発信しております。

タイランドの旅

ミャンマーの旅

laos

ラオスの旅(準備中)

cambodia

カンボジアの旅(準備中)

malaysia

マレーシアの旅(準備中)

シンガポールの旅

vietnam-89

ベトナムの旅(準備中)

旅(アジア諸国の観光情報)

グルメ

お買いもの