バガンお勧めホテル ニュウエーブ(New Wave Guest House)  ミャンマー❤バガン

バガンに到着すると、ニャウンウーの町でもド派手に水掛祭りが開催されていました。

1日目の宿を街の外れに予約して正解でした。

今回は、バガン観光1日目に宿泊したニュウエーブ(New Wave Guest House)をご紹介したいと思います。

ゲストハウスなのですが、私達が泊まった個室はとても綺麗で快適であり、かなりお勧めのホテルになりますよ。

ニュウエーブ(New Wave Guest House)の場所

ニュウエーブ(New Wave Guest House)は、ニャウンウーとオールドバガンのちょうど間位に位置しています。

下の地図では、赤い建造物のマークの右上の青マークの場所になります。

ニュウエーブ(New Wave Guest House)

 

こじんまりした、清潔なゲストハウスです。

中庭がありました。

 

狭いけれど、清潔で綺麗なお部屋でした。

これで二人で4000円弱ですから、本当にお安いです。

 

ミャンマーではソンクランの祝日は12日間でした

 

さてさて・・・

私達の今後の予定ではバガンからヤンゴンにバスで行くつもりでした。

 

そこで、ゲストハウスのお姉さんに、バスの空きがあるか確認してもらったところ・・・・

バス会社が電話に出ないとのこと・・・

 

そして、お姉さんが私達に見せたのは恐るべきカレンダーでした。

赤の部分が国民の休日だとか!!!

なんと、9日から20日まで、びっしり赤!!

 

お姉さん曰く、たぶん20日まで、バス会社は休みだと思いますとのこと・・・

タクシーでいくらかかるか聞くと、300$だということ。

300$はありえません。

 

明日、もう一度電話をトライしてみるので待ってと言われ、かすかな望みに期待しましたが、心の中では、飛行機で帰るしかないと思い始めていました。

 

 

問題は・・・。

一緒に来たチーちゃんをどう説得するかです。

彼女は恐らく最後の選択肢が無くなっても、飛行機で帰ることは拒否するだろうと思ったからです。

この時も、ヒッチハイクでヤンゴンまで行こうと言い出していました。

 

なにせ、世界一周旅行をしているので、極力お金を使いたくないというのが彼女の口癖なので、彼女にとっては飛行機なんてとんでもない!!ことなのです。

それにしても、知らない異国でヒッチハイクは、危なすぎます!

 

結論から言いますと、ヤンゴンまでは飛行機で行きました。

この後、知り合った日本人のサエコさんという女性が、ヤンゴン行きの飛行機のチケットを取る予定だと知り、結局、一緒に取ってもらったのです。

 

最後まで、ヒッチハイクをすると言っていたチーちゃんですが、サエコさんの説得もあり、なんとか私達と一緒に行動してくれることになりました。

 

しかし・・・やはり、ミャンマーなどの発展途上国に旅行に行くときは、個人で電車やバスのチケットを取るのは避けた方が良いと、つくづく反省させられました。

みなさんも、極力、旅行会社の力をお借りすることをお勧めします。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pocket
Pocket

その他のおすすめ記事

サイト運営者情報

「バンコクリンパマッサージ&理学整体スパ RENE」店長 Toyo

元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種の整体師&セラピスト(大阪出身奈良県在住、現在バンコク在住)、バンコクで理学療法スパを経営するかたわら、暇を見つけては小旅行に行ってます。旅やグルメの情報の他、タイが原産地の抗糖化植物黒ガリンガルやタイハーブ、タイで認可が認められたCBDオイル等、美や健康に関する様々な情報を発信しております。

タイランドの旅

ミャンマーの旅

laos

ラオスの旅(準備中)

cambodia

カンボジアの旅(準備中)

malaysia

マレーシアの旅(準備中)

シンガポールの旅

vietnam-89

ベトナムの旅(準備中)

旅(アジア諸国の観光情報)

グルメ

お買いもの