バガンの水かけ祭りと隠れ夕陽観賞スポットShwe Leik Too ミャンマー ❤ バガン

水かけ祭りの真っ最中にミャンマーを訪れてしまった私達は、こちらに来てから初めて、当初予定していたヤンゴン行きのバスが出ていなことを知りました。

バガンについてからは、しばしショックで部屋に入っても動けない状態でしたが、気を取り直して夕日鑑賞に行くことにしました。

 

日没までには、もう20分くらいしか時間がなかったので、ゲストハウスの近くを散策しながら夕日を見ることにしました。

 

やっぱりバガンでも水かけ祭りはやっていた

 

外に出た私達は、夕日鑑賞の前にクリアしなければならない強敵がいました。

 

宿から遺跡のあるところまで、2グループがド派手に水かけをやっていました。

これをどうかわすか・・・

 

とにかく、走るしかない!!

 

ということで、ホースで水をかけている連中が、他の車やバイクに放水している隙にダッシュしました。

 

うまく逃げ延びれたではありませんか!!

 

でも、チーちゃんは、後方で捕まって体中に放水されていました。

 

相変わらず要領の悪さは、警察学校の時のままです。(私達は、元警察官で私は警察学校の教官、チーちゃんは生徒という関係でした)

でも、警察官を辞めた後、彼女は消防士になったので、水を被ることは慣れているかな?

 

・・・と、人のことを笑っていたら、私は、自分の背後から忍び寄っている敵に気が付きませんでした。

ニヤニヤしながら、洗面器を持って近づいてくる敵から逃げだしました

猛ダッシュしたのですが、時遅しで、背中はびしょびしょになってしまいました!

 

敵は大満足で帰って行きました。

ほんま悔しいわ!!

 

バガンの荒野に沈む美しい夕日

そんなことから、2グループの放水部隊をなんとかくりぬけて、バガンに来て初めて見る遺跡に辿りつくことができました。

 

ちょうど、夕日が沈みかけていました。

やはり、遺跡から見る夕日は違った思いがありました。

バガン王朝の人々と同じ景色を自分が見ているのかと思うと不思議でした。

 

 

隠れ夕日鑑賞パゴダ Shwe Leik Too

 

夕日観賞の後は、ゲストハウスから道路を挟んで西南側にある

Shwe Leik Too

という寺院を訪ねました。

このお寺は、塔の上に登れる数少ないお寺です。

 

前方には、

ティーローミンロー寺院(Htilominlo)

が、暮れかかりの灰色の空に浮かびあがっています。

お寺からの眺めは最高でした。

ただ、塔に登る階段がとても暗くて、足元が悪いので懐中電灯は必ず持参してくださいね☆

 

テラスへは、こんな細いスペースをくぐりぬけていきます。

 

塔の上には、とても心地よい風が吹いていました。

このパゴダは、他に観光客がいないので、独り占めで夕日鑑賞ができます。

近くのホテルに泊まっている方は、是非、訪ねてみてください。

 

Shwe Leik Too の場所

Shwe Leik Too の場所は、下のGoogleの地図を参考にしてくださいね。

赤い建造物マークの場所がShwe Leik Tooです。

近くには、ティーローミンロー寺院(Htilominlo)がありますよ。

 

バガン遺跡めぐり エリア別完全ガイドはこちらから

 

 

 

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pocket
Pocket

その他のおすすめ記事

サイト運営者情報

「バンコクリンパマッサージ&理学整体スパ RENE」店長 Toyo

元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種の整体師&セラピスト(大阪出身奈良県在住、現在バンコク在住)、バンコクで理学療法スパを経営するかたわら、暇を見つけては小旅行に行ってます。旅やグルメの情報の他、タイが原産地の抗糖化植物黒ガリンガルやタイハーブ、タイで認可が認められたCBDオイル等、美や健康に関する様々な情報を発信しております。

タイランドの旅

ミャンマーの旅

laos

ラオスの旅(準備中)

cambodia

カンボジアの旅(準備中)

malaysia

マレーシアの旅(準備中)

シンガポールの旅

vietnam-89

ベトナムの旅(準備中)

旅(アジア諸国の観光情報)

グルメ

お買いもの

美容と健康