ライトアップされた美しいティーローミンロー寺院(Htilominlo Temple)ミャンマー❤バガン

今回ご紹介するのは、ティーローミンロー寺院(Htilominlo Temple)です。

 

バガンのホテルに到着した私達は、すでに16時を回っておりましたが、パゴタ(仏塔)の上から夕日鑑賞をしようということになり、水かけを避けながら歩いてホテル近くの Shwe Leik Too寺院 まで行きました。

仏塔の上から、暮れていく空を眺めていると、西の方にボンヤリ浮かびあがってきた寺院がありました。

どうやらライトアップされているようで、茜色と夜空の色の境界線に浮かびあがったその姿はとても幻想的でした。

 

地図を確認すると、

ティーローミンロー寺院(Htilominlo Temple)

と書いてありました。

 

そして、ガイドブックには、夜21時まで拝観できると書いてあったので、さっそく見に行くことにしました。

 

ティーローミンロー寺院の場所

 

ティーローミンロー寺院は、下のGoogle地図では⑥の場所になります。

私は、1回目は電動自転車、2回目は電動バイクで、このエリアを回ったのですが、馬車でまわられている人が非常に多かったのが印象的です。

とにかく馬車がとても良く似合う場所だと思いますので、ゆっくりと回りたい方は、馬車がお勧めですよ~。

 

「傘に好まれた」という意味のティーローミンロー寺院

 

 

ティーローミンロー寺院は、バガン王朝のティーローミンロー王の時代である西暦1211年に建築された仏教寺院です。

 

ライトアップされた姿は、バガンスタイルを象徴する壮麗美を誇っていました。

 

この寺院は、赤レンガ造りの3階建て構造で、高さが46メートルあるそうです。

ところが、1975年7月にバガン地方を襲った地震により破損してしまったそうで、現在の姿は、その後修復されたものです。

 

ティーローミンローという名前は、ナンダウンミャーという舌を噛みそうな名前の王様の別名だそうで

「傘に好まれた」

という意味だとか。

前王が5人の息子の中から後継者を選ぶ際に、傘を用いて決めたという説話に由来するそうです。

 

そして選ばれたティーロミン王が、自身の即位を記念して建てたのが、この大寺院です。

 

ティーローミンロー寺院の仏さまとフラスコ画

 

中に入ってみましょう!

この寺院の出入口は東西南北に4つあるのですが、バガンでは、この寺院のように出入口が4つある四面構造が多いそうで、内部には東西南北それぞれの方向を向いた4体の仏像が安置されてるのも特徴だそうです。

建物は二重構造になっているので、上下に四体で、計8体の仏像が安置されているそうです。

 

上の写真の仏像は、東側に設置されたものです。(下の部分の仏像しか拝観することはできません)

 

そして四面の出入口奥の部屋は、下の写真のような通路で結ばれています。

この通路には、フラスコ画が僅かながら残っていました。

 

南側の仏像は、東側の方より少しぽっちゃりしておられます。

南側には、立像の仏様もおられました。

手の印の組み方が独特です。(ぼやけてしまってすみません)

西側の仏像です。

強面ですね。

西側の壁には、フラスコ画が結構残っています

 

最後、北側の仏像です。

りりしいお顔をされていますね。

フラスコ画も残っています

これは牛??

 

仏像は、新しいので地震の後に造りかえられたものだと思います。

フラスコ画は、何か所も壁の一部がなくなっていたので、地震の時に剥がれてしまったのでしょうね。

もったいねいですね。

残っているフラスコ画は、過去28仏だそうです。

 

ミャンマーによくあるド派手な仏様

 

お寺の外に出ると、お月さまがとても綺麗でした。

そして、お寺の横にはピカピカと光るお堂がありました。

中を覗いてみると・・・・

スパッツを履いたど派手なお釈迦さまがおられました。

スパッツじゃなくて、袈裟なんでしょうが、なんともド派手ですよね〰

 

 

 

この寺院は朝6時から夜9時まで拝観できます。

 

ティーローミンロー寺院の昼間の様子

 

ティーローミンロー寺院は、昼に訪れてもとても素敵な寺院です。

 

下の写真は、2016年、2回目に訪れた時の写真ですが、地震の影響でやはり修復工事がされていました。

重厚感あふれる建物です。

 

入口は四方にあるので、2回目に訪れたときは南側の入口から入りました。

民族工芸の傘が売られていました。

綺麗だったので購入しようかなと思いましたが、店員さんはこの小さな男の子だけだったので諦めました。

 

バガン遺跡めぐりエリア別完全ガイドのページはこちらから

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pocket
Pocket

その他のおすすめ記事

サイト運営者情報

「バンコクリンパマッサージ&理学整体スパ RENE」店長 Toyo

元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種の整体師&セラピスト(大阪出身奈良県在住、現在バンコク在住)、バンコクで理学療法スパを経営するかたわら、暇を見つけては小旅行に行ってます。旅やグルメの情報の他、タイが原産地の抗糖化植物黒ガリンガルやタイハーブ、タイで認可が認められたCBDオイル等、美や健康に関する様々な情報を発信しております。

タイランドの旅

ミャンマーの旅

laos

ラオスの旅(準備中)

cambodia

カンボジアの旅(準備中)

malaysia

マレーシアの旅(準備中)

シンガポールの旅

vietnam-89

ベトナムの旅(準備中)

旅(アジア諸国の観光情報)

グルメ

お買いもの

美容と健康