平原にひっそりたたずむ黄金の寺(ダマヤッズィカ・パゴダ )ミャンマー ❤ バガン

今回からはいよいよミンナントゥ村をご紹介していきます。

ミンナントゥ村は、オールドバガンの南側のバガン平原の内陸側に当たる位置にあります。

とても乾いた大地に囲まれた小さな村で、バガンの主要エリアから離れているため、あまり訪れる人もいないようです。

最初に目指すはダマヤッズィカ・パゴダです。

ダマヤッズィカ・パゴダの場所

ダマヤンジー寺院からは、南東へ約2.5キロ程の距離にあります。

下のGoogleの地図では ⑦の場所になります。

1回目に訪ねた時は、水かけ真っ最中の時期に行ったので、水かけを逃れるため主要道路を通らずに地図にも出ていないような乾いた平原の中を道を選びました。

砂地の道なので、自分のバイクが跳ね上げる砂と、灼熱の暑さと闘いながら南へ南へと進みました。

私は、小さい時から地図を見るのが大好きで、初めて訪れる場所でも一度地図を見ると、道と方向が頭に入ってしまいます。なので、こういう小ツーリングは楽しくてしかたありません。

でも、方向に自信のない方は、ニューバガンの町を抜けてくるルートをお薦めします。

五角形の寺院・マヤッズィカ・パゴダ

ダマヤンジー寺院付近から約30分位バイクを走らせると、突然目の前に黄金のパゴダが現れます。

ダマヤッズィカ・パゴダです。

シュエズィーゴン、パゴタに似た円錐形の大仏塔で、台座(基壇)が3層の五角形になっているのが特徴です。

これは、上から撮影しないとわからないですよね〰

ということで、グーグルアースで見るとこんな感じです。

地震による被害でパゴダの傘部分が修復中

この寺院は2回訪れているのですが、1回目は人が多くてゆっくりできませんでした。

けれど2回目の2016年11月に訪れて時は、その年の8月に地震があったばかりなので、とても人が少なかったです。

思った通り、地震により建物の一部が崩壊し、パゴダの傘の部分は修復中でした。

黄金の傘の部分が見れないのはとても残念でした。

この寺院は、ナラパティシードゥー王によって1196年から1198年に建築されたそうです。

以前は、塔の上に上がれたそうですが、今は禁止されています。

他は、特に修復されているところはなさそうです。

5辺それぞれに祀られている弥勒菩薩

このパゴダは、5角形になっているのが特徴であるため、5辺それぞれに塔が建っており、それぞれの上り口正面に祠堂が配されており、内部には過去4仏と未来仏(弥勒菩薩)が1体ずつ安置されています。

安置されている仏さまは、外側の回廊からしか見学できないのですが、とにかく足元が熱くて熱くて(参拝時は裸足にならないといけません)、やけどに注意しながら回ってくださいね。

それぞれの祠の中はとても狭いです。

微妙に、それぞれお顔が違います。

この仏さまは、ネオンの後輪がありました。

ジャータかを描いた基壇の陶板に注目

基壇には、陶板がはめ込まれています。

ジャータかを描いているそうです。

回廊からの景色は最高

回廊は、ぐるっと回れます。

とても景色が良いので、是非回ってみてください。

お庭もとても綺麗に整備されていました。

このお寺にも、たくさんの水がめが置かれています。

さすがに、この日はかなり暑かったので、みなさん次から次へとお水の施しをいただいておりました。

ダマヤッズィカ・パゴダの基本情報

基本情報
名称     ダマヤッズィカ・パゴダ
英名     Dhammayazika pagoda
拝観時間   午前7時から午後6時まで 
場所     Googleの地図参考 パヤトンズー寺院から車で15分
定休日    なし  
創建年    1296年
創建者    ナラパティスィトゥ王
見学所要時間 30分   
必見度    ★★
 

バガン遺跡めぐり エリア別完全ガイドはこちらから

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pocket
Pocket

その他のおすすめ記事

サイト運営者情報

元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種の整体師&セラピスト(大阪出身奈良県在住、現在バンコク在住)、バンコクで理学療法スパを経営するかたわら、暇を見つけては小旅行に行ってます。旅やグルメの情報の他、タイが原産地の抗糖化植物黒ガリンガルやタイハーブ、タイで認可が認められたCBDオイル等、美や健康に関する様々な情報を発信しております。

タイランドの旅

ミャンマーの旅

laos

ラオスの旅(準備中)

cambodia

カンボジアの旅(準備中)

malaysia

マレーシアの旅(準備中)

シンガポールの旅

vietnam-89

ベトナムの旅(準備中)

旅(アジア諸国の観光情報)