ブッダを惑わす「マーラの誘惑」ナンダマンニャ寺院 ミャンマー ❤ バガン

ミンナントゥ村周辺の寺院で今回紹介するのは、マーラの誘惑というフラスコ画があるというナンダマンニャ寺院(Nandamanya Temple)です。

 

 

ナンダマンニャ寺院の場所

この寺院はとても小さくて探すのに苦労しました。

Googleの地図では、⑥ の場所になります。

いくつか同じような祠があるので、とても分かりにくいです。

グーグルアースで見ると、白丸の中に寺院はあります。

白丸の場所を拡大しのが下です。

矢印がナンダマンニャ寺院です。

 

芸術性の高いマーラの誘惑のフラスコ画

 

お堂は、単層方形の祠堂であり、釣鐘型の塔を頂くシンメトリックなスタイルです。

入口はひとつだけで、回廊はありません。

お堂の中央に1体の釈迦像がありますが、写真撮影は禁止されています。

 

「マーラの誘惑」のフラスコ画

小さな寺院ながら堂内に状態の良いフレスコ画が残ることで知られています。

中央の釈迦像の背後には、釈迦像の両脇を固める形で、二大弟子の舎利弗と目徤連とみられる人物が釈迦に向かって合掌するする姿が描かれています。

 

中でも、瞑想中のブッダをエロティックな女性が惑わすシーンを現した「マーラの誘惑」の壁画がとても有名です。

 

あまりにもマーラの誘惑が素敵だったので、管理している寺男さんに頼んで、心付けを渡して写真を1枚だけ撮らしていただきました。

三屈法で誘惑してますね〰

 

他にも、女性達が列を成して新婚の娘をアリー僧のもとへ連れて行くシーンなど、仏教以前に権勢をふるった密教的なモチーフが見られました。

寺男さんはOK、OKと言ってくれましたが、さすがに全部写真に撮る勇気がありませんでした・・

 

内部は、暗いのでここも懐中電灯を持って行かないと、何も見えないですよ。

 

また、外装の一部には怪魚マカラや鳥を描いスタッコ装飾も施されているのですが、壁画の隠し撮りにばかり気をとられていて、外装の写真を撮るのを忘れちゃいました。

 

コンフォートサンダル サンダル メンズ SANDAL ベルト 本革 靴 レザー 大きいサイズ ビルケン 革 オフィス 海 ビーチ 旅行 広幅 カジュアル ビジネス 厚底 防水 男性 ラウンドトゥ ラップ ブラック ホワイト 黒 白 シンプル 春 夏 夏用 ファッション 原宿系 送料無料

価格:4,899円
(2021/3/22 18:39時点)
感想(0件)

仲良しの鳥さん達

 

祠の前には、寺男さんが飼っている2匹の鶏が仲良く遊んでいました。

 

 

ナンダマンニャ寺院の基本情報

 

基本情報
名称     ナンダマンニャ寺院
英名     Nandamannya Temple
拝観時間   午前7時から午後5時まで 
場所     Googleの地図参考 パヤトンズー寺院から車で5分
定休日    なし  
創建年    1248年
創建者    チャンワー王
見学所要時間 15分   
必見度    ★★

 

ミンナントゥ村の完全ガイドはこちらから

バガン遺跡めぐり エリア別完全ガイドはこちらから

 

美脚タックワイドパンツ レディース ファッション パンツ ワイドパンツ タック ジャガード ロング 体型カバー 春服 夏服 大人可愛い 40代 レディースファッション 50代女性 ファッション 60代 ミセスファッション サワアラモード sawa a la mode otona【2月3日8時販売新作】

価格:7,345円
(2021/3/22 16:06時点)
感想(0件)

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pocket
Pocket

その他のおすすめ記事

サイト運営者情報

「バンコクリンパマッサージ&理学整体スパ RENE」店長 Toyo

元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種の整体師&セラピスト(大阪出身奈良県在住、現在バンコク在住)、バンコクで理学療法スパを経営するかたわら、暇を見つけては小旅行に行ってます。旅やグルメの情報の他、タイが原産地の抗糖化植物黒ガリンガルやタイハーブ、タイで認可が認められたCBDオイル等、美や健康に関する様々な情報を発信しております。

タイランドの旅

ミャンマーの旅

laos

ラオスの旅(準備中)

cambodia

カンボジアの旅(準備中)

malaysia

マレーシアの旅(準備中)

シンガポールの旅

vietnam-89

ベトナムの旅(準備中)

旅(アジア諸国の観光情報)

グルメ

お買いもの