バンコクの大鳥居?? サオ・チン・チャー(Sao Ching Cha) と 看板猫くん(タイ・バンコク)

バンコクにも鳥居があることを知っていますか?

ワット・スタットの北側の大通りのど真ん中に建っているのがサオ・チン・チャーと呼ばれるブランコの台座(支柱)です。

今回は、このサオ・チン・チャーについてご紹介します。

 

サオ・チン・チャーへの行き方

Googleの地図ではサオ・チン・チャーはジャイアント・スイングと記載されていますね。地図では④の場所になります。

アクセスは、MRTを利用するのが便利です。MRTサムヨート(Sam Yot)駅で下車すれば、歩いて5分あまりです。

周辺には、ワットスタット、テワ・サターンなどの寺院があります。

 

サオ・チン・チャーって何?

サオ・チン・チャーとは、ワット・スタットの前に建つ赤い鳥居のような建造物です。

ヒンズー教の神様であるシヴァ神に捧げるために建てられたもので、高さ21メートルあります。

 

ワット・スタットの建立に先駆けて1784年、総チーク材で造られたそうです。

日本の神社にある鳥居の原型だと考えられているとのこと。

 

1935年以前は、旧暦2月に、バラモン教の司祭4人が、ここにケーブルを使って吊るされた小舟状のブランコに4人乗り込んで大きく揺すり、マストの先にあるお金入りの袋を口で取るという行事を行っていたそうです。

 

しかし、あまりの高さに落下して死亡する司祭が後を絶たず、ラーマ7世は、危険度が高いのと、仏教には関係がないという理由で1935年以降、この行事を中止させたそうです。

このお祭りは、バラモン教でビシュヌ神とシヴァ神が降臨されるとされえちる日の祝いだったとか・・

 

サオ・チン・チャー近くの仏具屋さん看板ネコ

サオ・チン・チャーから、テワサターンに向かう途中にある道路沿いの1軒の仏具屋さんには、とってもかわいらしい看板ネコがいます。

インドの神々がご降臨するお寺 テワ・サターン(タイ・バンコク)

 

下の写真、どうなっているのかわかりますか?

ショウウィンドウの中に黒毛でお腹が白いにゃんこちゃんが寝そべっています。

名前はココくん? ココちゃん? 大事なところが見えないので性別がわかりませんが、

「窓をノックしないで!! 昨日の夜、ネズミを追いかけてとっても疲れているため深く眠らせて」

とお願いのお手紙が添えられています。

写真ではあまり良くわかりませんが、ココちゃんが寝ている場所は、とてもとても狭い空間になります。

まさしく、狭いエリアに体がハマっている状態です。

ネコって、本当に狭いところが好きですよね~。

 

私は、いつこのエリアを訪れても、このココちゃんにの寝姿をお目にかかれているので、たぶん昼間はほぼ毎日、この場所にいるものと思われます。

是非、ココちゃんの寝姿を、そっ~と見に行ってみてくださいね。

 

基本情報
寺院名   サオ・チン・チャー
住所    268 Dinso Rd, Khwaeng Sao Chingcha, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200
営業時間
定休日   無休
拝観料   無料
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pocket
Pocket

その他のおすすめ記事

サイト運営者情報

「バンコクリンパマッサージ&理学整体スパ RENE」店長 Toyo

元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種の整体師&セラピスト(大阪出身奈良県在住、現在バンコク在住)、バンコクで理学療法スパを経営するかたわら、暇を見つけては小旅行に行ってます。旅やグルメの情報の他、タイが原産地の抗糖化植物黒ガリンガルやタイハーブ、タイで認可が認められたCBDオイル等、美や健康に関する様々な情報を発信しております。

タイランドの旅

ミャンマーの旅

laos

ラオスの旅(準備中)

cambodia

カンボジアの旅(準備中)

malaysia

マレーシアの旅(準備中)

シンガポールの旅

vietnam-89

ベトナムの旅(準備中)

旅(アジア諸国の観光情報)

グルメ

お買いもの